SES 三栄海運株式会社 English HOME 採用情報 代理店専用ページ サイトマップ お問合せフォーム
代理店 船主 航路図 スケジュール 会社案内
会社案内
ご挨拶 ご挨拶営業案内会社概要沿革組織表関連会社


弊社は、韓国船主、興亜海運株式会社(Heung-a Shipping Co., Ltd.)の日本総代理店として
1971年12月24日に創立され、今日に至るまで皆様より多大なるご支援、 ご愛顧を
賜り深く感謝申し上げます。

日本コンテナ定期総代理店として、最も長い歴史を持ち、また日韓航路においては
最も多くの定期航路と取扱実績を誇る会社に成長することが出来ました。
1973年11月に開設いたしました神戸−釜山コンテナ定期航路には、
日韓航路最初のセル構造を持つコンテナ新造船"VENUS"(106TEU)を投入、
日韓航路コンテナ化の礎となりました。

以後、順次日本の主要港にコンテナ定期航路を拡充し、1980年後半からは日本の地方港と
韓国釜山港間にもコンテナ定期航路を開設し、日本全国各地の港と韓国釜山港を結ぶ
コンテナ定期航路サービスを行っております。

これらのサービスは韓国釜山港をハブ港とし、興亜海運株式会社よる自社コンテナ定期航路
サービスにて中国、東南アジア各港と接続しており、自社コンテナ定期航路サービス以外の
欧米等の遠洋諸外国とは各々のコンテナ定期サービスを提供されている船社様との
提携により全世界の多くの港に接続されております。

興亜海運株式会社が運航しております日本全国各港のコンテナ定期航路サービスの
ご案内と韓国釜山港のハブ機能をご紹介することにより、物流の合理化に貢献出来ることを
期待しております。
また、皆様からのご意見、ご要望等を賜る事により皆様方との交流を深め、
弊社の更なるサービス向上に邁進する所存でございます。
皆様には、引き続きご支援、ご愛顧を賜りますようにお願い申し上げます。

 

 

三栄海運株式会社 代表取締役社長 山池 輝晴

・プライバ シーポリシー ↑ ページ上部へ
Copyright (C)  San-ei Shipping co.,Ltd. All Rights Reserved.