SES 三栄海運株式会社 English HOME 採用情報 代理店専用ページ サイトマップ お問合せフォーム
代理店 船主 航路図 スケジュール 会社案内
会社案内
営業案内 ご挨拶 営業案内会社概要沿 革組織表関連会社
弊社は、日本と韓国、中 国、東南アジア各港を繋ぐ自社船による定期 船サービス、及び他船社との提携による釜山経由のサービスを提供することで、ワールドワイドサービスのネットワーク拡充を図っております。それとともに、 多様化する物流の変化や顧客の要望に対応するために、他社には見られない弊社独自のサービスの開発に努めております。 皆様方のご利用をお待ち致しております。


 

1.主要・地方各港から世界に小口貨物を!

日 本の各主要港は元より約30港にも及ぶ地方港から少量貨物を迅速、且つ確実に
韓国、或いは釜山港をハブ港としアジア、ヨーロッパ、アメリカなどグローバル規模
によるサービスを展開しております。 特に最近は環境対策に伴う企業の
モーダルシフトが推進されておりますが、お客様の要望される日本の積み地から
対応頂けます。
日本国内は勿論のこと、韓国国内の”DOOR TO DOOR”の物流サービスも促進し、
貨物の集荷から通関、混載仕立、そして最終目的地域までの配送まで責任を持って
お手伝い致します。

日本/韓国間の輸出入小口貨物のサービス、及び韓国国内におけるCFS倉庫の
所在地を下記の通りご案内致します。
(パ ンフレットを添付)

2.ロシア・CIS・モンゴル向けサービス

AA : TCR SERVICE
モンゴル向けは新港(XINGANG),  CIS諸国向けは連雲港 (LIANYUNGANG) を起点とした
TCR (TRANS-CHINA RAILWAY SERVICE)です。 中国の有力鉄道NVOCCである TRANS-BRIDGE
との提携により、貨物位置のトレース等 信頼性のあるサービスを提供し、三栄海運のスルーB/Lを
発行いたします。

BB : RUSSIAN SERVICE
ロ シア沿海州のウラジオストック (VLADIVOSTOK), ボ ストチニー (VOSTOCHNY) 向けのサービスで す。
ロシアサービスでは屈指の実績がある韓国のWOOJIN GLOBAL LOGISTICS との提携により
WOOJINのスルーB/Lを発行いたします。

CC : SASCO SERVICE
興亜海運(HEUNG-A SHIPPING)とSAKHALIN SHIPPINGとの合弁である韓国SASCO INTERNATIONAL社
を窓口とするサハリンのコルサコフ(KORSAKOV)へのサービスです。
三栄海運のスルーB/Lを発行いたします。
尚、従前のVANINO向けは2009年11月より当面サービスを休止いたしております。


TCR.PNG
       
           上記の全てのサービスは興亜海運のコンテナを使用しますので、煩雑で時間の掛かる
           コンテナ手配の必要が無く、日本各港からタイミング良く船積みすることが出来ます。

 

3.ケミカルタンカー

興 亜海運(株)は、1980年より小型ケミカルタンカーにて日韓輸送に参入。
30年近くの経験と実績を活かし、順次大型化、現在は12,000型ケミカルタンカー3隻を
保有し、さらに2010/2011年には、20,000型ケミカルタンカー3隻の引受が予定
されており、シンガポールを中心とした中東・極東全体にマーケットを拡大しております。

HASIN.JPG
 Singapore Pioneerの命名式       2009年7月 今治村上秀造船所にて

    1. ORGANIC SOLVENTS PETROCHEMICALS / INORGANIC CHEMICALS
    2. BTX(BENZENE, TOLUENE, XYLENE), ACN, MEG
    3. SM/EDC/PHENOL/CUMENE 等 IMO U & V
    4. METHANOL(METHYL ALCOHOL)
    5. ETHANOL(ETHYL ALCOHOL)

現在のケミカルタンカー船隊は以下の通りです。

船  名

DWT(Ton) GRT(Ton) IMO Type
YEOSU PIONEER 1,238 887 U
NO.2 YEOSU PIONEER 1,228 887 U
NO.3 YEOSU PIONEER 1,228 887 U
GREEN PIONEER 3,497 2,562 U
NO.2 GREEN PIONEER 3,497 2,562 U
NO.3 GREEN PIONEER 4,052 2,712 U

HEUNG-A PIONEER

12,000 8,200 U
NO.2 HEUNG-A PIONEER 12,000 8,200 U
NO.3 HEUNG-A PIONEER 12,000 8,200 U
SINGAPORE PIONEER 11,500 6,750 U
ORIENT PIONEER 6,602 3,866 U/V
DONAM PIONEER 2,489 1,479 U/V
KOBE PIONEER 2,458 1,485 U/V
HONGKONG PIONEER 6,561 4,960 U
NINGBO PIONEER  6,561 4,960 U

 

4.CWロジステイックス株式会 社 (CW LOGISTICS LTD.)

CWロジスティックス株式会社(CWL)はCOLDWAVE SYSTEMS LLC(本社米国
マサセッチュー州 = 当時、現在は本社米国カリフォルニア州CWS GROUP LLC
が承継)が1999年に開発したドライアイスを冷媒に使用しマイナス60度以下に
保冷できる超低温コンテナを運用し、主にアジア地域で冷凍サシミマグロを輸送
する営業活動を行うために2004年に設立されました。CWLは超低温コンテナ
輸送に特化したフォワーダーとして位置づけされています。

また、CWLは2009年に機械式の超低温コンテナ(ウルトラフリーザーと呼ぶ)を
導入し、ドライアイスコンテナとの併用を始め、ドライアイスコンテナが利用
できない地域でも対応できるようにしました。
2009年6月、韓国のコンテナ船会社興亜海運運航の「M/V "HEUNG-A TOKYO"」
により、韓国から輸入されたマグロの輸送に同コンテナが横浜港で始めて荷揚げ
されて以来、順調にシェアを伸ばしています。
このコンテナは、エースエンジニアリング(韓国)がサーモキング(米国)の冷凍機
を取り付け、開発したものです。その後、CWLはドライアイス式からウルトラ
フリーザーへの切り替えを進め、2015年4月にすべてのドライアイス式コンテナ
をオーナーへ返却しました。 CWLは2015年7月現在、ウルトラフリーザーを
115本(110 x 40ft + 5 x 20ft)を運用しています。

今後、台湾をやその他アジア諸国を中心に運用エリアを拡大していく方針です。

 

UFZER1.JPG UFZER2.JPG


※CW LOGISTICSの連絡先についてはこちら

 


・プライバ シーポリシー ↑ ページ上部へ
Copyright (C)  San-ei Shipping co.,Ltd. All Rights Reserved.